個人再生で借金悩みを軽減【借金の大幅減額が可能】

債務整理とその方法

裁判所

進め方について

借金返済に行き詰った場合には、債務整理を行うことで負担が軽減されるケースがある。これらの債務整理手段の1つとしてあるのが、個人再生である。個人再生は、裁判所に申し出を行い手続きを行うことで債務額を減額してもらう措置である。債務整理には自己破産の手続きもあるが、自己破産では住宅などについては全て処分した上での手続きとなる。これらに対し、個人再生では住宅などを所有したまま債務の減額手続きができるため、メリットの大きな方法となっている。個人再生を行う場合には、弁護士などを通して手続きをすることが一般的である。裁判所への申し出など、個人で行うことが難しいため、弁護士事務所に依頼して個人再生手続きを進めることとなる。個人再生を弁護士に依頼した場合には、50万円程度の費用が最低でも必要となることが相場となっている。これらの費用については、分割での支払いが行えるケースや立て替え金の制度を活用できる場合もある。債務圧縮により返済しなくてよい金額が発生するため、その点を考慮した場合には個人再生を活用することも方法の1つとなっている。ただし、個人再生を行うとその後借り入れができなくなるなど制限がかかるため、活用するか否かについては慎重な検討が必要になる。また、弁護士事務所ではこれらの活用が良いか否かや別の再生手段が無いかなど様々な観点からアドバイスを受けることができる。その為、活用するかからの検討が必要である。

Copyright© 2018 個人再生で借金悩みを軽減【借金の大幅減額が可能】 All Rights Reserved.