個人再生で借金悩みを軽減【借金の大幅減額が可能】

司法書士と弁護士はどっち

天秤

弁護士のほうが色々便利

個人再生は、一般的に司法書士または弁護士に依頼して行う債務整理です。では、司法書士と弁護士ではどちらが良いのでしょうか。そもそも司法書士と弁護士は法律家ですが、請け負える案件に違いがあります。司法書士は訴訟額140万円までの民事事件の訴訟代理権を持っています。つまり、債務額140万円を超える場合は司法書士では満足な対応ができません。債務額140万円を超えるケースでも司法書士は訴訟資料など書類作成を請け負うことは可能ですし、最後まで個人再生のサポートはしてもらえます。ただ、代理権は持たないので審尋に同席することはできませんし、基本的に債務者自身が裁判所に出向き個人再生の手続きを進めていくことが求められるでしょう。対して弁護士にはこうした制限はありません。書類作成はもちろん債務額に関わらず訴訟代理権を持つので、最初から最後まで弁護士が債務者に変わり動いてくれます。こうした理由もあって弁護士よりも司法書士の方が個人再生費用が安いとされているので、債務額によっては司法書士に依頼した方が安上がりになる可能性がありますが、初めから弁護士に依頼した方が早く安上がりになるケースもあることを理解して選択したほうがいいでしょう。いずれにしても、まずは司法書士か弁護士に個人再生の相談をしてみることです。債務整理に強いとされる複数の法律家に相談することで、相性のいい信頼できそうな法律家を見極めることもできます。

Copyright© 2018 個人再生で借金悩みを軽減【借金の大幅減額が可能】 All Rights Reserved.