個人再生で借金悩みを軽減【借金の大幅減額が可能】

大幅に借金が減らせる

女性たち

借金原因が問われない

自己破産の手続きは、多額の借金を抱えていても免責が認められれば借金返済を法的に免除してもらえる手続きです。しかし、多額の借金を作ってしまった原因がパチンコや競馬などのギャンブル、損失を取り戻すために借金をしてまた負ける、その繰り返し、またブランド品やグルメ、旅行など個人の趣味嗜好を満足させるために借金を重ねっていった、これらが原因であると自己破産の免責不可事由に該当してしまい、免責を受けることができなくなるのです。そのため一生かかってでも借金を返済し続けなければならなくなります。自己破産が難しい場合ですが、個人再生で検討をしてみることができます。個人再生は、自己破産のように借金が全額返済免除となる手続きではありませんが、大幅に(最大5分の1〜10分の1)借金を減額してもらったうえで原則3年以内に分割による支払いができる手続きです。個人再生の手続きのするのに、借金を作った原因が何であろうか関係がなくできる手続きです。減額率がどのくらいになるかは借金額によって異なり、例えば500万円の借金であれば最低弁済額は100万円となります。100万円返済をすれば、残りの債務は免除されます。借金原因は問われず、任意整理よりも借金額の減額割合が大きい個人再生の手続きですが、デメリットとしてはブラックリストに登録されてしまう、官報に掲載される、保有している財産を処分しなければならないです。財産を処分するといっても住宅は維持したまま手続きも可能です。

Copyright© 2018 個人再生で借金悩みを軽減【借金の大幅減額が可能】 All Rights Reserved.